デリケートゾーンの黒ずみを美白!おすすめの黒ずみクリームは?

からだの中でも特に黒ずみができやすいのがデリケートゾーンです。

デリケートゾーンはからだの中でも皮膚が薄くなっている為、刺激に弱い部分となります。黒ずみができる原因は肌への刺激によってメラニンが蓄積されることなので特に黒ずんでしまいやすい部位となるのですね。

おまたの部分が酷く黒い人だと水着をつけた際に黒ずみがはみでてしまうこともあります。それだけでなく、性行為の際にお前のおまた黒いななんてことをいわれている経験をしている人は多いのですね。

男性の多くは乳首やデリケートゾーンの部分が黒いと経験人数が多いと考えています。そのため、ヤリマンの烙印をおされてしまうことになりかねないのです。黒ずみができる原因はメラニン色素の蓄積なので性行為の回数は全く関係ないにも関わらず、間違った認識をしてしまっている人が多いのですね。

ここでは黒ずみを美白する方法とおすすめの黒ずみクリームを紹介しています。
あなたがデリケートゾーンの黒ずみを美白したい!
そう思っているのなら参考になるはずです。

(企業からお金を貰って記事を書いている訳ではないので、おすすめのクリームは紹介しても広告は張っていないので安心してください)

デリケートゾーンが黒い原因!何故黒くなってしまうのか?

デリケートゾーンが黒くなってしまう原因として多いのが乾燥や刺激によるものです。

先ほどもいったようにおまたの部分に関しては皮膚が薄い為、刺激に弱い部分となります。そこに刺激を与えることによってメラニンが分泌されやすく、肌に色素沈着をすることで色が黒くなってしまいます。

VラインやIラインの毛をそっている人はカミソリの刺激によって黒ずみができてしまう人が多いです。

また、おまたは洋服とは違い締め付けられた下着をはくことになります。また、ズボンもはいている為蒸れたりしやすくきちんとケアをしていないとデリケートゾーンが乾燥をしてしまいます。

乾燥をすることによって刺激に弱くなってしまうだけでなく、かゆみが原因でかいて刺激を与えてしまうことで色が黒くなる人も多いです。

デリケートゾーンが黒くなる根本的な原因は刺激を与えてしまうこととなるのですね。特に乾燥をしているとお肌のバリア機能が働かない為に刺激を抑えられず黒ずみができやすいです。

デリケートゾーンの黒ずみを美白するなら

基本的に黒ずみを美白するのであれば医療レーザー、美白クリーム、薬のどれをの方法を行います。ただ、デリケートゾーンに関しては医療レーザーや薬を使うことはあまり聞かないです。

皮膚が薄く刺激が弱い為、メラニンを除去する薬であるハイドロキノンは使わない方が良いです。刺激が強い薬となるので副作用や余計に黒くなってしまうことが考えられます。

そのため、多くの人が利用をしているのがデリケートゾーンの美白クリームです。

黒ずみクリームにも色々なものが販売されているのですが、おまたのような部分でも使用をすることができる専用のクリームが販売されています。

他の黒ずみクリームに比べ刺激に弱いことを配慮されているので、デリケートゾーンに使うことができるようになっているのですね。

デリケートゾーンにおすすめの黒ずみクリームはヴィエルホワイト

デリケートゾーンを美白するのに使う黒ずみクリームであればおすすめは「ヴィエルホワイト」と呼ばれるものになります。

リポズーム化と呼ばれる製法を使うことで成分の分子を小さくしています。そのため、成分が肌に浸透をしやすくなっているのが特徴です。デリケートゾーンが黒くなっている人の多くは蒸れてしまい、乾燥をしてしまっている人が多いです。

そのため、できるだけ保湿成分や美白成分を浸透させる為にもリポズーム化してあるヴィエルホワイトならおすすめすることができます。

また、デリケートゾーン用に作られた黒ずみを美白するクリームとなっているので成分に関しても刺激を与えないように配慮されて作られています。

>>>黒ずみクリームランキングへ

乳首の黒ずみを美白!おすすめの乳首の黒ずみに効くクリームは?

乳首の黒ずみを美白したいって人は非常に多いです。乳首が黒いとヤリマンと見られることも多く、どうにかして黒乳首を薄くしたいって考える人がいるのですね。

乳首が黒い原因はメラニン色素がバストの皮膚に付いてしまっているためです。

もともと生まれたときから黒かった訳でもなければ、遺伝が大きく関係している訳ではありません。もちろん、多少は生まれたときから色素が少し濃い目の人や遺伝の人もいますが、大きな原因ではありません。

赤ちゃんの黒乳首なんて見たことないですよね?
生まれてからの生活によって刺激を胸に与えることがメラニンを分泌される原因となります。そして、乳首にもっとも多い刺激はブラや衣類がずれたりすることで摩擦による刺激です。

日本人であれば乳首の黒ずみをあきらめる必用はいっさいなく、美白をしている人は非常に多いです。もしも、あなたが乳首が黒い色をしていてコンプレックスをかかえているのなら美白をしましょう。

乳首の黒ずみを美白する方法

乳首の黒ずみを美白する方法は3種類になります。

  1. 医療レーザーによるメラニン除去
  2. 薬を使った美白方法(ハイドロキノンとトレチノイン)
  3. 乳首の美白クリーム

以上の3種類の方法があるのですが、美容皮膚科で行われる医療レーザーは高額となってしまいます。そのため、多くの人が薬を使うか美白クリームを使っています。

ただ、薬を使うのであれば注意と購入の手間が必要です。ハイドロキノンと呼ばれる薬は効果があるほどの濃度となってるものは薬局やドラッグストアでは販売がされていません。海外から取り寄せるか病院で医者に処方をしてもらう必要があります。

薬局やドラッグストアで販売されていない理由としては副作用のある薬となるので、医者でなければ販売ができなくなっています。刺激が強い薬用成分となるので乳輪が大きくなったり、乳首が痛いなどの症状が見られます。

そのため、安全に乳首の黒ずみを美白できるクリームを使った方法がおすすめとなります。通販などで販売がされている為、店頭へいかづとも誰にもばれずに購入することができます。商品的にも乳首を美白するなんてことは知られたくないものなので通販限定での販売がほとんどです。

乳首の美白クリームは化粧品ではありません。

厚生省より認可されている医薬部外品となり、ハイドロキノンのように肌に強い影響を与えることも無い為、副作用は一切ありません。

美白する方法として人気なのがクリーム

乳首の黒ずみを美白する方法で特に人気となっているのがクリームです。

安心、安全、購入しやすい、効果を感じている人も多いと以上の4つの点から利用者が増えている方法となります。

厚生省から医薬部外品として認可がされているものなら安心して使えますし、副作用の心配もなく安全なクリームとなっています。また病院で購入する必要もありません。

実際に利用者も増えているため口コミは色々と書かれているのですが、効果を感じている人は非常に多いです。

そのため、乳首を美白する方法としてクリームを使った方法が人気となっているのですね。

おすすめの乳首黒ずみ美白クリーム

乳首を美白するクリームであればおすすめはホワイトラグジュアリープレミアムです。

乳首の黒ずみように作られたクリームとなっているので刺激を抑えた成分によって作られています。からだの中でも刺激には弱い部分となるので刺激成分の配合はしていないのですね。

また、効果を感じている人は多く、かゆみなどの保湿対策としての利用者も多いです。

黒ずみクリームは様々な種類がありますが、乳首の黒ずみに使うのであればホワイトラグジュアリープレミアムがおすすめとなります。
黒ずみクリームランキング