デリケートゾーンの黒ずみを美白!おすすめの黒ずみクリームは?

からだの中でも特に黒ずみができやすいのがデリケートゾーンです。

デリケートゾーンはからだの中でも皮膚が薄くなっている為、刺激に弱い部分となります。黒ずみができる原因は肌への刺激によってメラニンが蓄積されることなので特に黒ずんでしまいやすい部位となるのですね。

おまたの部分が酷く黒い人だと水着をつけた際に黒ずみがはみでてしまうこともあります。それだけでなく、性行為の際にお前のおまた黒いななんてことをいわれている経験をしている人は多いのですね。

男性の多くは乳首やデリケートゾーンの部分が黒いと経験人数が多いと考えています。そのため、ヤリマンの烙印をおされてしまうことになりかねないのです。黒ずみができる原因はメラニン色素の蓄積なので性行為の回数は全く関係ないにも関わらず、間違った認識をしてしまっている人が多いのですね。

ここでは黒ずみを美白する方法とおすすめの黒ずみクリームを紹介しています。
あなたがデリケートゾーンの黒ずみを美白したい!
そう思っているのなら参考になるはずです。

(企業からお金を貰って記事を書いている訳ではないので、おすすめのクリームは紹介しても広告は張っていないので安心してください)

デリケートゾーンが黒い原因!何故黒くなってしまうのか?

デリケートゾーンが黒くなってしまう原因として多いのが乾燥や刺激によるものです。

先ほどもいったようにおまたの部分に関しては皮膚が薄い為、刺激に弱い部分となります。そこに刺激を与えることによってメラニンが分泌されやすく、肌に色素沈着をすることで色が黒くなってしまいます。

VラインやIラインの毛をそっている人はカミソリの刺激によって黒ずみができてしまう人が多いです。

また、おまたは洋服とは違い締め付けられた下着をはくことになります。また、ズボンもはいている為蒸れたりしやすくきちんとケアをしていないとデリケートゾーンが乾燥をしてしまいます。

乾燥をすることによって刺激に弱くなってしまうだけでなく、かゆみが原因でかいて刺激を与えてしまうことで色が黒くなる人も多いです。

デリケートゾーンが黒くなる根本的な原因は刺激を与えてしまうこととなるのですね。特に乾燥をしているとお肌のバリア機能が働かない為に刺激を抑えられず黒ずみができやすいです。

デリケートゾーンの黒ずみを美白するなら

基本的に黒ずみを美白するのであれば医療レーザー、美白クリーム、薬のどれをの方法を行います。ただ、デリケートゾーンに関しては医療レーザーや薬を使うことはあまり聞かないです。

皮膚が薄く刺激が弱い為、メラニンを除去する薬であるハイドロキノンは使わない方が良いです。刺激が強い薬となるので副作用や余計に黒くなってしまうことが考えられます。

そのため、多くの人が利用をしているのがデリケートゾーンの美白クリームです。

黒ずみクリームにも色々なものが販売されているのですが、おまたのような部分でも使用をすることができる専用のクリームが販売されています。

他の黒ずみクリームに比べ刺激に弱いことを配慮されているので、デリケートゾーンに使うことができるようになっているのですね。

デリケートゾーンにおすすめの黒ずみクリームはヴィエルホワイト

デリケートゾーンを美白するのに使う黒ずみクリームであればおすすめは「ヴィエルホワイト」と呼ばれるものになります。

リポズーム化と呼ばれる製法を使うことで成分の分子を小さくしています。そのため、成分が肌に浸透をしやすくなっているのが特徴です。デリケートゾーンが黒くなっている人の多くは蒸れてしまい、乾燥をしてしまっている人が多いです。

そのため、できるだけ保湿成分や美白成分を浸透させる為にもリポズーム化してあるヴィエルホワイトならおすすめすることができます。

また、デリケートゾーン用に作られた黒ずみを美白するクリームとなっているので成分に関しても刺激を与えないように配慮されて作られています。

>>>黒ずみクリームランキングへ